ANF紹介
All Nations Fellowship

私たちのアイデンティティー

All Nations Fellowship (ANF)は、名古屋のバイリンガルのインターナショナル教会です。私たちは名古屋エリアで複数の拠点で二ヶ国語礼拝をもち、名古屋広域で神様の恵みを日本と世界に広めるために奉仕している、福音中心のクリスチャン教会です。

我々のビジョン

私たちは神様の霊が働いて、名古屋、日本、そして全ての国々がキリストの栄光のために造り変えられて行くムーブメントを見たいと願っています。

ミッション

イエス・キリストの福音を宣言し、福音を教え、福音に生きることによって名古屋中で弟子を作り、リーダーを育て、教会開拓をすること。

私たちのコアバリュー

1)福音中心ーANFは福音がすべての人に救いを得させる神の力であると信じています。福音によってクリスチャンは生まれ、また福音によってクリスチャンは成長します。私たちはその教えと実践が全て聖書におけるイエス・キリストの福音を土台としているべきであると信じています。

2)教会開拓ーANFは名古屋周辺地域において新しい教会を開拓して行く事にコミットしています。私たちは意図を持って都市周辺の複数の場所で集まり、また地域の方々に仕えて行くためにイベントは全て多言語に訳されます。

3)国々ー私たちの主な狙いは名古屋周辺での教会開拓ですが、同時にANFは自分たちの都市を越えて祝福となることを願っています。私たちは名古屋以外の国内の地域や、また世界でキリストの栄光のために福音が宣言されていくことを求めています。

スタッフ紹介

ジェレミー・シンク(長久手牧師・エルダー)

ジェレミーシンクさんは2015年1月にANFの代表牧師となりました。彼と彼の妻であるジーナさんは、2012年にMission To The Worldの教会開拓のチームの一員としてノースカロライナから日本に引っ越してきました。ジェレミーさんは1995年にノースカロライナ州のシャーロットにてメカニカルエンジニアリングの単位を取得し、2001年には改革派神学校にて神学の修士号を取得しました。彼はアメリカの長老派教会団体であるPCAに認定された牧師で、日本の宣教のために神様に日本に導かれる前には、12年間ノースカロライナ州のシャーロットで教会開拓をする牧師をしていました。ジェレミーさんとジーナさんには3人の息子がいます。ジョシュは16歳、ジョサイア13歳、ギャレットは10歳です。彼らは神様に仕えるために残りの人生を名古屋で過ごす予定です。

「私たちは、イエス・キリストによってのみ見つけられる素晴らしい愛と希望を人々に伝えるためにここにいます。私たちは、さらに、クリスチャンが信仰の中で成長し、新しいリーダーたちが名古屋の別の場所に境界を開拓するために送られることを望んでいます。ANFは、これらの目的のために戦略的です。この教会では、すべての類の人たちが歓迎され、神の恵みによって多くの人が変えられる可能性を秘めた教会です。」

ポール・カン(エルダー)

ポールさんと優さんは、キリスト神学校のミッションチームの一員です。CBIは、キリスト聖書神学校の親団体で、日本でクリスチャンのリーダーや牧師を養成しています。ポールさんはANFの長老であり、またCBIのチャプレンと通訳者としても仕えています。優さんは日本の名古屋出身の日本人で、若い母親たちと子供たちのミニストリーを導いています。カンさんたちの2人の子供の名前はイサク・スーン(イエス様がすぐに再臨するようにと願いを込めて)・カンとサラ・フェイス(信仰によってのみ救われるという意味を込めて)・カンです。名古屋で仕えるカン一家のために祈ってください。

「神様は、ご自身が望まれれば私たちの助けなしに完璧に自らの計画を達成できる方であると私は信じていますが、喜びを持って自由に神様の計画に参加できる特権を神様が与えてくださっています。神様が与えてくださっているその自由と愛は、私たちの期待をはるかに超えています。この自由と愛こそが私たちは神さまに従わせる強い動機となっているのです。神様とイエスキリストの十字架を通じて、神様が私たちの想像を超えて私たちを愛し私たちに与えてくださることを思い出す時、私たちは自分たちの想像を超えて神様を愛し神様に使えることができるのです。」

江口ファミリー

江口 悠(ダウンタウン牧師・エルダー)

悠は18歳の時にある宣教師と出会ったのがきっかけでアメリカへ行くこととなり、2005年にアリゾナ州のツーソンにいた時にクリスチャンになりました。その翌年から神奈川県平塚市にある大学生伝道カフェ「Jロッジ」の立ち上げに関わり5年間マネージャーを務めました。

麻子は2011年にカリフォルニア州のアーバインでクリスチャンになりました。 キリスト聖書神学校で行われているカウンセリングクラスを修了し、 IFM認定カウンセラーの資格とプロフェッショナル心理カウンセラー(全国心理業連合会)の資格を取得しています。

二人は2011年にキリスト聖書神学校で出会い、2014年2月に結婚し、同年8月に神学修士号過程を修了しました。現在、娘の憩(いこい)、息子の祐斗(ゆうと)と共に家族四人で名古屋市に在住しています。

悠は2019年5月にANFダウンタウンキャンパスの牧師として就任しました。

ブルックス・ケイン(エルダー)

ブルックスとリーバは二人ともアメリカのクリスチャンホームで育ったので、いつイエス様を信じるようになったのかは覚えていません。

二人は2005年に知り合い、2007年に結婚、その直後から共にユースミニストリーの奉仕をはじめました。2008年から2011年の間二人で Covenant 神学校で学んでいる間、彼らは若い人たちへの奉仕を続けました。二人は卒業直後に初めて日本を訪問し、それ以来ずっと日本人への愛を育んでいます!

ケインさんたちは異国での生活をナビゲートする中で日本の若者に宣教し他の宣教師家族のサポートをすることに燃える情熱を持っています。2013年にANFで礼拝しはじめたのもそれが理由です。2019年には、江口さん一家と共に宣教をする呼びによろこんで応えました。

ブルックスはもともとアメリカの長老教会 (PCA) のエルダーとして承認されていて、リーバはプロの資格を得たカウンセラーです。神様は美しくエネルギッシュな Quinn, Marley, そして Johnという三人の子供を彼らに恵まれました。

川井 秀行(教会開拓訓練生)

秀之は、大学2年生の時にキャンパスクルセードフォークライスト(CCC)を通して、イエスキリストに出会い、価値観が180度変わりました。3年間の社会人経験を経て、キリスト聖書神学校へ入学。2016年3月に卒業し、同年8月からロサンゼルスにあるLighthouse Community Churchで聖書的カウンセリングと教会開拓を学びました。2017年7月に帰国し、ANFの教会開拓訓練生として奉仕しています。 
妻の康世は、高校2年生の時に米国オハイオ州に1年間の交換留学した際に、クリスチャンたちの愛に触れ、イエスキリストを信じました。 
二人は2012年に結婚し、現在3歳の息子の翔真と生まれたばかりの娘、恵蒔(えま)との4人家族です。 
聖書的カウンセリングを用いて、キリストの弟子が中部地区に増やされていくことを期待しています。